上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ登場頻度上昇中のママ・ブラジルです。

ボボ「登場頻度低下中の僕です」

最近、ガソリンも高騰して来ているので、

自動車 ⇒ 自転車

に切替えてお出かけしているママとマオの今日この頃の様子を書きま~す♪

 1歳になり、活発さに磨きをかけているマオをチャイルドシートに15分以上縛り付けておくのは至難の業で、この際、環境にも生活にも優しいという事で、思い切って自転車を購入してみました。


20070714225252.jpg

名をアンジェリーノと申します。


近頃の自転車ときたら、これまた凄い進化で、見てビックリ!乗ってビックリ!な代物なのです。

ボボ「僕ポックリ」

何が凄いかというと、小さい子供を前に乗せる補助の椅子みたいなのが最初から付いているタイプがあり、これは、がに股で運転しなくても平気な設計なのです。

更に、またがる時に足が引っかからないようにと計算され尽されたデザインで、子供が大きくなり前に乗らなくなった際には、荷物を入れる普通の籠に大変身してしまう優れ物!!

ただ、前に子供を乗せると荷物を載せられないので、後部に別売りの籠を装着する必要があります。

でも、またこれが凄いのは、子供が大きくなって来て、今度は後ろに乗りたがった時には、前の補助椅子を取り外し、後部に取り付けていた普通の籠を前に装着出来るらしく、前の補助席は次の子供が産まれて使う日まで傷めずに取っておけるという算段らしいのです。


そして、乗って驚いたのは

軽い!!

何しろ軽い!!

ボボ「オトンの言葉も軽い!」

私が過去乗ってきた自転車は、『重い』の一言以外に何もないというくらい重かったので(ボボ:どんだけ~)

新しい自転車には本当に度肝を抜かれました!

そして、何でもかんでもベルト、ベルト、何しろベルトを締めて固定しなくちゃいけない世の中になった今日、(ボボ:どんだけ~)

「自転車に乗ってて転んだ時に、子供はベルトで固定されていて受身が取れないので、頭を打ってしまい大惨事になる事からヘルメットの着用義務があります」と店員さんに言われ、赤いヘルメットを併せて購入する事になりました。




20070714230619.jpg

このヘルメット軽い!何しろ軽い!

心配だったのが、帽子大好きマオさん(8ヶ月くらいまで)だったのが、帽子大嫌いマオさんに大変身してしまったので、大人しくヘルメットを装着させてくれるだろうか・・・という事だったのです。でもこれまた不思議、着用すれば自転車に乗れる事を理解しているのかヘルメットを被る事は拒否しないのです。


20070714225526.jpg

それもこれも母のため。


ま、お陰で助かりました♪

飽き性のマオをどうにか飽きさせない為に、100円で購入したカエルクラクション(?)を取り付けて走行しているママです。

そして、乗るなり必ずお気に入りのカエルを叩いて「プップッ」と音がする度、にまぁ~と笑い、プラプラ フラフラ お出かけし、電車が来れば手を振っているマオなのです。


 自転車大好きマオさんは、スーパーのカートも大好きで、必ずカートの所に自ら歩いて行くのです。記憶とは凄いモノですねぇ、驚きです。あまり台数が無いので、乗れなかった時に他の子が乗ってるカートに出会うと、ちょっとジ~っと目で追ってたりして・・・よこせ!それ、私によこせ!って聞こえてきそうなくらい凝視するので、駄々こねる前に退散してるんです。

20070714225847.jpg


そんなに好きならと、デパートの屋上やゲームコーナーなどによくある乗り物系に乗せたりもするんですけど、楽しんでたと思ったら急に怖がったりするんです。ここの微妙な切替えスイッチは、残念ながら未だに理解不能です。

20070714230016.jpg



な、何が怖かったのかなぁ・・・?

マオ・・・?

じゃぁ、帰ろうかぁ・・・。

20070714230203.jpg

自転車はこれから慣れます。


以上、子育てGスウィングでした♪

スポンサーサイト
2007.07.09 風邪っぴき
もうすっかりよくなったのですが、娘は先日まで風邪を引いて寝込んだりグズグズしておりました。

いやあ、子供が病気すると、親は気が気じゃないですよね。



あせもが出ればやれ麻疹じゃないか


せきがでればやれ肺炎じゃないか


鼻水が出ればやれインフルエンザじゃないか


ぐったりすればやれ脳炎じゃないか









微笑んだりすれば、将来女優になるんじゃないか



と、こんな僕でも、もう立派に親バカをしているわけです。むしろ僕が日本脳炎です。


しかし、不思議なんですよねえ。一体なぜ風邪などひいたんでしょう。

というのも、僕のアパートでは、娘のために室温管理は完璧でして。

最近暑くなってきてからと言うもの、







お風呂を上がれば、ちゃんと部屋を冷房で冷やしていますし、
20070709221153.jpg

娘が寝てからも、汗を掻いてしまわないよう部屋を冷房で冷やし、
20070709221153.jpg

夜中、娘が暑くて飛び起きないよう、部屋を冷房で冷やし、
20070709221153.jpg

汗で身体を冷やしてしまわないよう、そもそも部屋を冷房で冷やし、
20070709221153.jpg


あれ、冷房のせい?
      20070709222203.jpg





いやあ、自分の頭ながら、本当に炎症起こしてるんじゃないかって情けなくなりましたね。実際。

以来、冷房には頼らず、娘は腹巻のパジャマを常着して眠り、

熱帯夜のために扇風機を購入しました。

もう今では元気いっぱいいっぱいで、対応する僕までいっぱいいっぱいですが、以前よりちょっとママっ子・甘えん坊になったかなあ。

もしかしたら僕の脳炎的育児(脳炎的室温管理)から、母に守ってもらいたいという

本能的行為なのやもしれませんが、

本当の所は誰にもわかりません。

マオや、やっぱり健康第一だね。


20070709222823.jpg
「はいはい、そうね」

以上、子育てGスウィングでした♪
 ボボさんからの依頼により、ママの出番です。皆さん、ご無沙汰です。では、早速。


マオの記念すべき最初の誕生日は、とても残念な事に大雨という1日でした。
あまりにも可哀想なので、翌日に思い出作りにと『そうだ!ディズニーランドへ行こう!』を決行したのです。普段なかなか遠出の出来ない母も誘い、いざ出陣!!

なのに・・・またしても怪しい天気。どうにか曇り止まりでいて欲しいと願うも、千葉に近づくにつれ、雨粒が~大きくなっちゃったぁ!!

でも、ここまで来て引き下がれず、駐車場に停めると、まぁビックリ!
結構、雨でも人は来るもんですねぇ、さすがディズニーリゾート!皆、慣れてるのかベビーカーに雨合羽を装着してたり、子供なんかは長靴にレインコートと本当に準備万端です。私達も、雨が止む事を願っていたので、荷物にならないようにと折り畳み傘で園内へと向かおうと傘を広げた瞬間


グサッ!


「ん・・・?」
「ひぃ、ひぃぃぃぃぃぃ、
    ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああ!!」
ボボ「あああああぁぁ!ビックリした!!」

私こと、ママ・ブラジルの右手の人差し指に、傘の金具がザックリザクザク切れ味抜群に刺さっているではありませんかぁ!
切れた瞬間は、血も出ず、何やら白い・・・ほ、骨?もしやこれって・・・骨?(ボボ:ひいぃ)みたいなモノが見えるくらい深く斜めにスパっと。
あまりにも仰天映像すぎて、思わず皆の所に駆け寄り、傷を見せ、夢じゃなく現実だったんだと認識しなければ目の前が真っ暗になりそうで、皆にコメントを貰い、傷口をギュッと皮で蓋をし、見なかった事にしようとしたのですが、その途端、血がドクドクと脈打ち、出てくる出てくるぅ~って、

「きゃぁぁぁぁぁぁぁ、い・・・い・・・痛いよぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおお!!」

激痛です。

あそこまで行っちゃうと痛みって後からエンヤコラやって来るんですねぇ、驚きでした。よく、漫画本とかでサムライが刀でスパっと切ったりした時に、切られた本人が、それに気が付かなくて、傷を見て「ひぃ~」って死んでいくようなシーンを見た事あるんですが、まさにそれです。

ボボ「どうでも良いことですが、例えるなら妻が侍で僕がゴロツキで、ゴロツキどころかコウロギです。はい」


入園する前に、そんなアクシデントがあったものですから、皆で

折り畳み傘 ⇒ 普通の傘

に持ち替えてゲートに向かいました。


ディズニーランドのゲートで「今日(本当は昨日だったのに)、娘の誕生日なんです」と声を掛け、バースディシールを貰い、いざ園内へ♪
ディズニー関係者の方々に会う度、会う度「おめでとう」と言って貰って満足のバカ親2名。

ボボ「みんなしてお祝いにシールをくれるもんですから新しく商売でも始めようかと思いました。はいシールあるよシール、S席あるよS席」

雨なのに浮かれ足で『ワールドバザール』へ向かうや、やっぱり屋根のあるところには人も集まるようで、結構な込み具合。私達も、どうしようかと言いながらショップを転々と見て周り、取り敢えず昼食にする事にしたのですが、何処も屋根があるところはすごい行列。マップを広げ、近くに穴場は無いかと探し、『ブルーバイユー・レストラン』を目指しました。

ボボ「その他大勢の流れに逆らって、雨の中へ進んでいったのです。はい」

「ビンゴ~♪」

空いていたのです。私達が1度も入った事が無いレストランだったので嬉しさ2倍♪
席に着き、マオに初のお子様セットを頼み、またまた満足のバカ親2名。デザートの時には、1本のロウソクとバースディのチョコプレートも乗っけてくれて、なんてサービスの良いレストランなんだと顔が緩んでしまいました。


20070704224518.jpg

ボボ「僕の頬肉はここ数年でずいぶん下に垂れ下がりました。はい」

そして、お腹も満たされて外に出てみるや快晴♪さっきまでの雨は何処へやら~ってくらいに晴れて、今度は暑くて暑くて大変でした。マオを半袖に着替えさせて、キャラクターを探しながら、出会えば記念にと写真をせがみ、『トゥーンタウン』へと向かいました。

ボボ「キャラクターはあれですね、奪い合いですね。そういった大恋愛の類は、僕はちょっと・・・はい」

途中、パレードを見学し、『イッツ・ア・スモールワールド』に乗車し、最後の目的地だった『ミート・ミッキー』へ向かうや・・・す、凄い行列。記念写真をと思ったのに、眠くなって来たマオにはあまりにも過酷だと判断し、諦めて『イメージワークス』で記念写真を撮って帰宅する事にしました。
これがまた、初めての体験だったのですが、なかなか良い感じでした♪
ボボ「義母さんに現地で写真立てまで強請り、今はリビングに飾られています。はい」

さて、時刻は夕刻。

ゲート近くでは今まで見た事無いくらいの沢山のキャラクター達が出て来ていて、今しがた疲れて寝てしまった我が娘を抱きかかえて、記念写真にと走るママ。そして念願のプーさんとも撮影!!

したのですが・・・帰宅して写真チェックしてみると・・・ボボさん!!無いよぉぉぉ。

ボボ「シャッターを押したの僕です。でも撮れていなかったので僕はシャッターを押していない事になるんです。この場合責任ってどこ行くんでしょうね。はい」

マオ「オトン」

グスンッ。またの機会に今度こそ絶対に、プーさんと撮るぞぉ♪ねぇ、マオ。


バタバタとした1日でしたが、とても楽しいバースディ(の翌日)だったなぁと大満足な親を差し置いて、マオは爆睡。そうとう疲れたのでしょう、夕飯時には帰宅出来たのですが、何をしても起きないのでパジャマに着替えさせて、そのまま布団に。

朝を迎えてしまいました。

お疲れ様でした、マオ。懲りずに今度はシーに行こうねぇ♪

ボボ「次はちゃんとシャッターも押すし、怪我もしないよ♪」

以上、子育てGスウィングでした♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。