上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.24 お宅訪問
今日は、妻の友人夫婦がお家を新築したとのことで、諸々、お休みが重なった事も幸いして、今後のために見学を兼ねて、遊びに行ってきました。

妻には、自分と同じ年に出産した、高校時代からの友人が二人もいるため(しかもみんな女の子を出産)、子育てや家事などの情報を、メールなどでやりとりをしています。

今回はその一方のNさんご夫妻のお宅に、もう一方の友人のTさんとその愛娘・みゆちゃんと一緒に行ってきました。

早速、その建てられたばかりの、きれいで素敵なお家へ到着。

すると玄関前には、車のパンクを修理している男性と、その傍らに立つ男性の2人がいました。

妻や友人のTさんは、軽快に「こんにちは~」と声をかけていますが、Nさんのご主人(Jさん)とはまったく面識のない僕としては、どちらがご主人なのか判断がつかないわけです。

パンクを修理している人は、とても親切で面倒見の良さそうな方で、その人のよさゆえに、たけし軍団にいても違和感がないだろう方で、

そしてもう一方は、俳優の寺島進をアンジャッシュの児嶋風に若返らせたような、いわゆるイケメン風の男性でした。

おそらく後者だろうとは思ったのですが、念のため訊ねてしまったがため、奥様を不愉快にさせてしまっただろうと思うと、

今日一番後悔しています。

さて、挨拶も早々に、早速お家の中を探検させてもらうこととなったのですが、まず最初に、妻が

「玄関、両方開くんだね、いいね」

と言ったものだから、僕もびっくり。そんな外にも中にも開く扉なんて、西部劇の保安官が立ち寄る酒場の扉を連想。そうか、日本の建築技術もそこまで行ったか、と、

つい、興奮のあまりにその誤解を口にしたものだから、Nさんには

「旦那さんって面白いね」と失笑の一言。






それ、超不本意。

今日二番目に後悔しています。



はてさて、トイレから浴室、2階フロアから納戸まで、もう床が減るんじゃないかって程、隅々まで見学させてもらったのですが、

いやはや、本当に素敵なお家でした。

壁紙からドア枠まで、一つ一つに拘りがあって、自分達の手で取り付けたというカーテンレール一つとっても、何か情愛のようなものがあって、こりゃあ愛娘のるなちゃんも幸せ者だなあと、つくづく心温まる思いがしました。

あんまり羨ましいんで、後でこっそり庭の柿を食べちゃおうかなんて考えたのですが、

後から「また柿の熟す頃に来て下さい」と温かく言っていただきまして、かれこれ三回目の後悔です。


さて、お家見学が終わると、今度はウチの娘を含めた三人娘(全員2006生まれ)を囲んで、写真を撮影したりして、のんびりと過ごしました。


3人娘と元・3人娘(ママ)の写真を(ひー、よく書いたな、俺)


入れ替わり立ち代りいろんな写真を撮ったりして、楽しく過ごしたのですが、

中でもJさん(イケメン寺島)が本当に子供好きな人で、優しそうで、まさに理想の旦那さんのように僕の目に映りました。(何だか柿の収穫狙ってると思われたらいやらしい発言だなあ)マイホームを建てるって、やっぱり立派なことですよね。

このJさんが、ウチの娘を見て、「誰かに似ている」と、ずっと言ってまして、しかも女優だと言うんです。

僕は長澤まさみか綾瀬はるかだろうなあと、親バカ丸出しお腹丸出しで聞いていたのですが、そのうち、

「よく泣く人」というフレーズに対して、

「にしおかすみこ?」と思った妻は論外だったとしても、(だって女優じゃなくて芸人じゃん)



「チェジウ?」と呟いたTさん、ちょっと待て。

そりゃあ、かの韓流涙の女王かもしれないけれど、もう少し絞り込み方って、あったんじゃないか?

やっぱりあれですか、妻の友人だけに、同じ穴のムジナというわけですか。

でもそれならいいんです。諦めもつきます。


はてさて、そうこうしているウチに、あっという間に時間は流れ、子供たちの夕飯や睡眠時間を思うと、もう帰らなければならない時間。

妻も楽しんでいたようですし、楽しい写真もたくさん撮れましたし、今日の様子を早速記事にもできましたし、僕としても有意義なお休みとなりました。

新築のフローリングにお菓子や煎餅の食べかすを大量に残された、Kさんご夫妻が、同じく有意義だったのかどうかは、この際有意義だった事にしたいと思います。

帰る間際、自転車でフラッと現れたNさんご主人のお父様が、あまりに印象的で、今日一日のことを全部忘れてしまいそうでしたが、やっぱり、人の良さそうな、素敵な笑顔の御仁でした。

マオや、次は庭の柿がたわわに実る収穫の頃にまた来ようね♪



20070924221915.jpg

「お世話になりました」

以上子育てGスウィングでした♪
スポンサーサイト
2007.09.22 帰省 2007夏
いやあ、暑いですね。

お盆の間は記録的な猛暑日が続いたとかで、ニュースでも熱中症の心配なんかよくやってましたね。

ラジエーターの水が沸騰して噴出しちゃう程の猛暑の中(本気で焦った)、お盆は実家へ帰省してきました。

ただ、最近ブログの更新をよくサボるもんだから、ネタが蓄積されておりまして、

今も

「家事は手伝わなくても良いから、ブログ更新したら?」

と妻に尻を叩かれまして、カタカタとキーボードを叩いている次第であります。

もう残暑も終わろうとしていますが、堂々とお盆の帰省の記事を載せようと思います。

さて、帰省といいますと、静岡県は熱海の実家へと帰るわけなのですが、今回は実家の実家、つまりの僕の父の実家の、浜松市へ行ってまいりました。

僕も6歳まではそこで暮らし、10年くらい前までは、僕の祖父母が住んでいた家で、今は空き家となっています。

僕にしたら、実に10年ぶりの浜松帰省となったわけですが、

いやあ、すごかった、




ホコリとダニが。


僕なんか、着いて早々やらされたのは、畳にダニアース。

あれって1畳に6箇所もやるんですね。

僕らは12畳の部屋に泊まったものだから、回数にしたら72回ですよ。

屈んで、指して、3秒ブシュ。

一々、それするのは骨でしてね、しかもそれを合計4部屋もやったものですから、

父の部屋をダニアースする頃には、

一畳に付き1回くらいしかダニアースしませんでした。

「夜中にゴキブリが顔を這う」

とかなんとか父が呟いていましたけど、

ごめん父さん、それ、僕のせいだわ。


はてさて、僕がダニアース係なら、子供たちは廊下を学校の清掃のように雑巾がけしていました。

おい坊主、雑巾よく絞れ。床がビショ濡れだ。

ちなみに姉二人は、布団を屋上で干していたのですが、

しかしその数10組。

夏布団とはいえ、炎天下の中、10組以上の布団を干すのは尋常な労働ではありません。

その辺りから、大人数で浜松に帰省しようと言い出した母の思惑に、大人数で大掃除という本音が隠れていたことにようやく触れ、してやられた事に気づいたのですが、

その頃にはもうちょっと手遅れでして、

汗だくで自棄になった姉は、

近隣の住宅に向け、





「引っ越せ!引っ越せ!」と、


布団を叩いていました。

家族は皆大笑いしていましたが、カラカラと静かに閉められたお隣の窓を見逃しはしませんでした。


ごめん父さん、今度帰ったら、市から出て行けみたいな通達届いてるかもしれん。

はてさて、そんな大人数で食事から何から、何も無いところで準備するもんですから、その様子は学生の夏合宿を彷彿とさせます。

妻はそんな雰囲気がどうやらすごく好きだったようで、一日目は姉と夜遅くまで話し込んでいたようです。

興奮すると眠れなくなる妻は、夜中に小島よしおのように目を血走らせていましたが、怖くなって僕は寝たふりをしていました。

翌朝の妻は、いつもの妻でした。よかったです。

ともあれ、兄弟に姉のいない妻は、心のどこかで「お姉さん」みたいな存在を求めていたのかもしれませんね。






でも妻よ、僕の姉っていったら、


これと
20061108222758.jpg



これだよ?
20061108222739.jpg


ホントにいいの? 突風とか稲妻の鬼で。

まあ、本人がいいならいいんだけどさ。

ちなみにその姉の、それも筋肉が凄すぎてキン肉マンの敵みたいな姿になっていまった姉の、その岩みたいなお尻を、何故か誤って思いっきり引っ叩いてしまった僕の妻。

本人曰く、蚊が止まっていたそうなのですが、そのビターン!と鳴り響いた音には、

寿命が50年は縮んで今すぐ死ぬかと思うほど仰天したわけですが、

一番ビックリしたのはかれこれ人に叩かれる事を忘れてしまった暴君の姉。

冷静になれば「何だコイツ、やんのか」とも思ったことでしょうが、ブッ叩かれた瞬間は頭が真っ白になったような様子で、

見ているこっちはこっそりとほくそえんでおりました。

妻の本能最優先の行動も、時には幸福を呼ぶんだなあと、しみじみこの嫁さんを選んだ事を幸せに感じましたね。

ちなみに、その数日後、義兄(姉の旦那様)から御礼の金一封が届いたか届いていないかは、男と男の約束なので、口が裂けても公開はしません。


はてさて、それほどのまでに、妻が一族の猛者どもと打ち解けたんだよって、つまりはそういうことです。

ちなみに、僕側の親戚には人見知り全開で臨む娘までも、

今回の夏合宿さながらの日程に助けられたこともあって、母や姉などとちょっと距離を縮めた様子を見せておりました。

僕としてもそれが狙いの帰省だったものですから、まさに大満足のお盆帰省となったわけです。

娘よ、その調子で皆に慣れるんだよ。


そのうち





預けれちゃうかもしんなけど。


以上、子育てGスウィングでした♪








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。