上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例えば夏野菜。

黒光りするなすとか、ざらっとした手触りが新鮮なきゅうり、あるいは木で真っ赤に熟れた美味しそうなトマト。

これらの野菜が朝露で濡れた午前6時を想像してみてください。

瑞々しくって新鮮で、何かそれだけでマイナスイオンを感じるような。

ポジティブな僕は、汗に濡れた自分がそんな風に人の目に映ると信じています。

それはポジティブでなくて精神的な病だよ、こんばんは、ボボ・ブラジルです。



ここ数日、ちょっと涼しくなって、嬉しいような寂しいような、この時期に感じる、毎年恒例の夏の終わり感ではありますが、

汗に関しては別問題。塩と一緒に、僕の中からどんどん出てゆきます。

前回の記事で妻も書いておりますように、娘は大変な汗っかき。

まず間違いなく僕の遺伝子なんですが、

いわばそんな汗仲間であるはずなのに。

同じ洗濯機の服を着る仲(同じ釜の飯…をもじろうとして失敗)なのに。

だのに。

僕の露出した肌にちょっと触れただけなのに、

「父ちゃん、ベタベタ~」

と言って、あきらかに機嫌が悪くなります。

あのな、そんな横暴言っといてだな、何で俺が謝ってんだ? せっせと汗拭いてんだ?

そしてなぜ妻は大爆笑なんだ?

もうね、いいよ。開き直るよ。ババーン!汗親父! 参!上! とかって。

むしろそれしか道がないよ。父の選択肢が単数だよ。

ということで、自分の汗事情は心の扉の奥底にしまい込んで、

この灼熱の中、動物園へと行ってきました。

長い前振りでしたね。自分でも驚いています。最近じゃ話の進め方も主導権握るのも妻のが上手ですね。


さておき、向かった動物園は言わずと知れた東松山こども自然動物公園。

僕のブログの読者なら何度か目にしている動物園。

最近引っ越したんですが、益々近くなってしまって、近所の公園のように利用しています。

さて、この動物園、トラやライオンなどの、いわば動物園の王様のような動物はいないのですが、





カンガルー
割と放し飼いされています。









思わず僕も急接近。
遭遇


これ、自分なりにカンガルーのモノマネしてるつもりなんですけど、愕然とする程似てないですね。




さておき、思いのほか怖がらない娘も急接近。




遭遇2
足とか尻尾とか、触ったりしてましたね。


妻は動物が結構苦手なので、カンガルーにパンチされたらどうしよう、ボボさんじゃ娘を守りきれない等々、懸念はいろいろあったようですが、

偶然にもカンガルーのポケットにはまだ小さな赤ちゃんがいまして、

恐らく二人の母親は同じような心配事で戦々恐々としていたのかなと思うと、ちょっと面白くて、つい両者を見比べてみたりしてしまいました。なぜか心温まりました。



そして、さらに行くとガンダムマークⅡみたいな黒いアヒルが。


遭遇3
カンガルーは平気だったくせに、なぜかこのブラックドナルドにビビりまくる娘。

腰が引けて声も出せないようでした。

なんでだろう、と僕なりに考えてみたんですけど、やっぱビジュアル?黒いから?

だとしらたら娘よ、見た目で物事を判断すると損なことが多いよ。

うちにある家電をみてみなさい、みんなアホなおとーちゃんが見た目で選んでくるから、機能がおざなり。今時、早炊きボタンのない炊飯器なんて聞いたことない。

まあ強いて例外を挙げるなら、見た目で結婚相手を選んだお前の母様が数少ない成功例なんじゃないかな。

妻「はいはい……。」

さておき(涙)、その後は広い園内でボール遊びに汗を流し、
ボール





バッタなんかを捕まえたりして
遭遇4
(特に放し飼いされてるバッタとかそーゆーことじゃなく)



何だか夏を満喫している様子。

そしてもうお昼だし帰ろうかなの直前、

園内にジャブジャブ池的な、子供に水遊びさせてやれそうなポイントを発見。

塩の出し過ぎで体力激減ではありましたが、メタボ体に鞭打って、

これも娘のためと、オムツ以外をひっぺがし、池の中へと侵入。
プール1





率直な感想を言いますとですね、



水超ぬるい。



そりゃあこの炎天下ですから当然です。この日は確か最高気温が35℃超えてましたからね。

でもそんなぬるい池でも、娘には新鮮なようで、

緊張から一言も言葉を発しませんが、興味は深いようで、

割と珍しく、グイグイ自分から中へ入って行きました。

そしておもむろに立ち止まり、虚空を見上げたかと思いきや、





突然しゃがみ込む。
プール2





その仕草が何か妙に面白くてね、立ち上がっては、何か思い立ったようにまた座る娘をみて、何やら幸福な気分に満たされておりました。

ただ、紙オムツのまま座るでしょう。

すると、水をどんどん吸うでしょう。

やっぱ、物造り日本人ですごいね、ってくらいあの紙オムツで水を吸うんですね。

最終的にはまん丸に太って水吸っちゃって、重くて、でもあんまり強く握ると水がでてきちゃいそうで、

何か職業上、最悪状態まで腐敗したメロンを扱う様を思い出しましたね。

こっちの情緒が不安定になるところとか、もうソックリ。




ともあれ、そんなこんなで、何とか夏をやり過ごしてますよ。

どうか皆さんも、これから特に寒暖の差で体調を崩しやすいですからね、

風邪と食品偽装には十分お気を付けください。

以上、子育てGスウィングでした♪
スポンサーサイト
暑い日が続いていたある日、

マオの汗が 1滴  2滴  3滴 ・・・。

家の中にいても熱射病になる このご時世。

なので、弱冷房にしてあるのですが

ポタポタとマオの汗は止まりません

タオルは朝~夜寝た後まで手放せません

一拭きすれば、前髪は戻って来ないくらい ベッチョリ

あまりにも可哀想なので、そのまま ちょっとイチゴのピンをしてみたら・・・

はい 立派な七三の出来上がり~


七三


こんな写真をアップしたんじゃぁ、きっと本人怒るわぁ

あ、 泣いたぁ・・・。


七三泣き



ごめん ごめん 

じゃぁ、お気に入りのやつでアップしとくからね


ミッキーマウス


マオ 「ミッキーマ~ン」 


ミッキーマウスだよ、マオ


以上、子育てGスウィングでした♪

今日は、お昼にザルうどんを食べました。

娘の器に取り分けする為に、まず自分のツユに漬けた後に、

娘の器に少し短めに切ったうどんを容れようとしたら

マオ 「かぁちゃん てぇっ

と怒鳴られました・・・。

と言うのも、普段 マオが食べる時に左手を茶碗などに添えないと

ママ 「左手 ドコだっけ?」

と聞くものだから、自分以外の人の事も気になるのでしょう

流石に怒鳴られるとは思わなかったので、少々ビックリしましたが

習慣とは怖いものだと実感しました。

でも、数秒も経てばスッカリ左手なんて忘れてしまう娘です

チュルチュル



そして最近、言葉も巧みになってきた娘は、

マオ 「マオちゃんのケ~タイは?」

って言ったかと思えば

こ~んな格好でメールを打つ真似

メール


こ~んな格好で電話をする真似

電話


仕舞いに

マオ 「とうちゃん、忘れもん しちゃったぁ」 とか

マオ 「今日ねぇ タァコまんま(タラコ) パックンしたよぉ」 とか

長々と電話したかと思えば

マオ 「電池なぁい  ずぅでんしてぇ(充電)」

などと言い、何処で言葉を仕入れてくるのかと関心します


ミカンを見れば

マオ 「オ~リンジ」

とか、完全にこの辺りになるとTVの影響と言えましょう。

教育TVやCMを見ちゃぁ、言葉を真似して楽しんでいます。

CMは本当に耳に残るように作られているんだなぁと実感するのが

例えば

♪コ~ジマっ♪  とか、

♪ポンポンポポポン アイディア ポン♪ とか

ティ~ディ~ケ~ とか

一瞬の事なのに、言い方を真似するので私も楽しんでますけどね

気が付いたら私達夫婦は 娘に注意されてばかりになるんだろうなぁ

お手柔らかにね、マオちゃん


以上、子育てGスウィングでした♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。