上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.20 トイレット
2度ある事は3度ある・・・今日もママ・ブラジル登場です。

最近、朝6時頃に

マオ 「お母さん もう起きるぅ 」

って言いながら私の事を叩き起こす娘。

まだ(マオにとっては)朝じゃないよ・・・もう1回寝なさいって言っても

マオ 「起きる 起きるぅっっっっ 」

ってギャーギャーわめくので、6時頃から起床の毎日

そうなるとお昼寝をしない娘にとって夕方は眠気もピークで、

機嫌は悪いは、何を言ってるのか意味は解らないはで、一苦労

せめて後1時間は寝ててくれれば・・・

それにしても どうして最近になって こんな時間に起きるようになったのか・・・

ん~ ポク ポク ポク ポク チーン♪

おしっこ?


すかさずオムツを触ってみると ガサッって音が。

ん~ 乾いた音だ

駄目もとで

ママ 「マオ おしっこ出る? トイレ行く? 」

トイレでおしっこなんてした事ないし・・・無理よねぇ 

朝っぱらから いきなりお母さん 何言い出すのかねぇ・・・。

ところが

マオ 「うん おしっこ トイレ行くっ 」

え゛~っっっっっ!!

気持ちが冷めないうちに 速攻でトイレに連れて行くと

チョロッ ・・・

チョロッ ・・・

と恐る恐る オシッコが。

ママ 「怖くないから シャーって思いっきりして良いよ 」

って言うと

シャァァァァァァ っと2秒程

うっ 嬉しいっす

オシッコで目が覚めていたなんて 凄い成長したなぁ

オムツは幼稚園に行っても取れないかなぁって諦めていたんですが・・・

ちょっと光が射した気がします

そして、朝だけはトイレでオシッコ成功って日もあり、

よし その調子って思ってたら

先日は、外出中にウンチもトイレで成功

ウンチは 大変な便秘症だったので それこそず~っとオムツだろうと覚悟があったので

この出来事にはビックリで、腰が抜けそうになりました


そして大奮発して買った布のトレーニングパンツを喜んで履いてくれるだろうと

履かせてみると、予想通り大喜び

しかし その喜びも束の間。

オシッコ出ちゃったら 途端にテンションダウン

そんな失敗は たいした事ないのに 相当ショックだったらしく


それ以来・・・


マオ 「布じゃなくて マオ 紙パンツで良い」

ママ 「え~っ 布で良いじゃん 可愛いよ 
    
    それに濡れたら洗えば良いんだから


マオ 「紙パンツっ 」

ママ 「ひぃぃぃぃっ 」

大奮発して買ったパンツは嫌われ、紙パンツよこせと逆切れされ、

紙パンツ無いよと言えば、大泣きで・・・

仕方なく 紙パンツへ逆戻り

仕舞いに オシッコ出ても 何もなかったかのごとくスルー

おぉ~い せめて自己申告しましょうよ

ん~、やっぱりミラクルな数日間でした

まさか 夢か?幻か?

そして、これだけは確実だ・・・

オムツが外れる日は まだまだ先の話。

以上、子育てGスウィングでした♪
スポンサーサイト
どうも ママ・ブラジルです。

前回にひきつづき、また書いちゃいます




4月から始まったのか、教育テレビの「みいついけた」っていうイスとかが出てくるTVが大好きな娘。

マオ 「あ~ イス始まったぁ~ 」

ってものすごくハイテンション

皆、好きなんでしょうか?ボボさんの実家に帰った時も、姪っ子のこっちゃんと

真剣に見入ってましたねぇ

TV


番組の中で、コッシーっていうイスのぬいぐるみが語尾に 「○○っすねぇ」って付けてしゃべるんですが、

完全にトリコとなってる娘は、おやつの時間にお菓子をあげれば

マオ 「このお菓子 うまいっすねぇ  もっと欲しいっすねぇ」

ってな感じで

何にでも 「っすねぇ」 がつくようになりました

そして バスタブから 「呼んだ~?」って顔を出すオフロスキーさんに対しても

マオ 「呼んでないよ・・・ 」

ってTVに向かって会話をし、仕舞に

マオ 「ねぇ お母さん。 マオ 呼んでないよねぇ」

って、こっちになげかけてきます

このやりとりは、ほぼ毎日の日課です

更に、おてて絵本も大好きで、パンパンって手を叩いて

何やら呪文のごとく聞こえてくる物語・・・

どうやら自分なりに何か物語を作って話しているようなのですが

90%の確率で、アンパンマンのお話。

マオ 「バイキンマンがアンパンマンの顔にお水をかけて、

    そしたらアンパンマンが力が出なくなっちゃって、ジャムおじさんに新しい顔を

    焼いてもらって、勇気100倍になって

    それでアンパンマンがバイキンマンにアンパンチして

    バイキンマンがバイバイキ~ンって飛んでっちゃって

    ドキンちゃんが待ってよぉ~って追いかけていって・・・おしまい」

って話がよく聞こえてきます。

後は、日記みたいに今日の出来事を話してたり・・・。

ちょっと違う気はするけど、それを聞いているのもまた楽しいものです

な~んてニコニコもしては いられず、

このTV 朝9時半に終わるのですが、幼稚園に行く日は、

9時25分には出ないと間に合わないので

かなりヒヤヒヤ・・・。(朝の5分の恐ろしさを知りました)

ママ 「もう行くよ」 ってTVを消そうとすれば

マオ 「まだ見てるのっ」 って怒るし、

エンディングの歌が流れ始めて

ママ 「もういいでしょ」 ってTVを消せば

マオ 「だからまだ見てるのっ」 ってTVつけるし

結局、毎回9時半までしっかり見て、

恐怖のドライブで幼稚園まで辿り着いている現状です

どうか幼稚園のある日だけは、再放送で我慢してくれないかなぁ

猿



以上、子育てGスウィングでした♪
2009.05.14 母の日
5月9日(土)

今日は、「母の日」のイベントが幼稚園でありました。

土曜日って事もあり、一家総出で参加しているところが殆どでした。

(ボボさんは仕事です


まず最初に園庭で暫く遊ぶんですが、何しろいつもと全く雰囲気が違うお庭。

大人が大勢いて泣き出す子供達もいるぐらいです。

マオも 「おかぁ~さん、おかぁ~さん、一緒に遊ぼぅ」

ってベッタリ。

幼稚園で成長した娘を少しでも垣間見れたらと期待していたのですが・・・

まぁ まぁ まだイベントも始っていないし、気長にその瞬間を(?)待ちますかぁ


はい、始りました。

園児は集合って言われてます。

ん? マオや ママさんの手を放しておくれぇ~

園児の中に、こういった感じで手を放して貰えなかった親や

抱っこやらオンブやらをせがまれ、グズられてしまった親が紛れて整列

そしてまずは 体操です。動物体操だそうです。

年長さんは流石上手です。

マオは・・・

突っ立ったまま 私の横で動かず



体操してるの 見たかったなぁ



つ、つ、 次こそは


その後、母親には結構ハードなプログラムが続き

8割近くの母親から 「う゛っ」 とかいう声が漏れ始め

腕も腰も足もパンパンになりながらも頑張っていました。

もちろん この私も その一人

そして全てが終了して、園児達は教室へ。

帰り支度を整え、教室から出てきた時に手に何やら持っていました。

赤いカーネーション1本と、手作りの髪飾り

髪飾りは、桃とバナナだそうです。

髪飾り


手渡しに来た娘が

「おかあさん ありがとう」

って言ったのです

嬉しかったぁ

たとえそれが 先生に言わされた言葉だったとしても

嬉しかったぁ

思わず感無量になり、涙が出そうになりました

最近、言葉も達者になり 憎まれ口ばかりきく娘に

怒る事も増え、女同士の喧嘩さながらの日を過ごす事も多々。

そんな時に娘は

「マオ 新しいお母さんが良いっ

なんて言うんです。

へこむのなんのって・・・でもつい

「お母さんも 新しいマオちゃんが良いっ

なんて売り言葉に買い言葉的な

ママさん、大人にならなきゃですねぇ

でも、少したつと娘が

「お母さん、仲良くしよう」

って言ってきます

これまたお母さん、大人にならなきゃですねぇ

そんな日々を過ごしていると

「お母さん 有難う」 

って言葉は本当に嬉しい言葉で

これだけでご飯2膳は いけますねぇ。

暫く余韻に浸りつつ・・・現実に呼び戻されるのも数分後だな


以上、子育てGスウィングでした♪
ちーっと間が空いてしまいましたが、ゴールデンウィーク第3日目です。

実はこの日、僕の実家の一族が集りまして、毎年恒例のバーベーキュー大会を開催致しました。

総勢20名。








090502_1209~0001090502_1209~0002


なんかガヤガヤしてる。






食材はもちろん半端な量ではありません。







090502_1214~0001
米軍キャンプか。

ちなみに今回の目玉食材がこれ。












090502_1214~0002
キンメの干物だそうで、超でかかったですね。

びっくりするくらい美味しかったです♪

例年通りのメンバーで、いつもの通り楽しいバーベキューだったんですが、いつもと様子が違う点が二つ。

一つはウチの娘・マオ。

昨年までは大変な人見知りで、どちらかの親にべったり隠れていて、折角の帰省も、我が家にいるのとあんまり変わりませんでした。

しかし、今回は妻の適切な教育とプレ幼稚園の効果もあって、娘はずっと他の子供と遊んでいました。

そんなの、時期が来れば何処の子供だってそうなるとは分ってはいましても、これは親としては嬉しいですね。

まさか子供と一緒に居て手持ち無沙汰になるとは思いませんでした。

逞しくなった分、親の言うことも聞かなくなって困ることも色々ですが、まずは当初の僕らの心配はすっきりと解決してくれました。


そしてもう一つは、一族メンバーが一同に揃わなくなってきました。

親よりもむしろ子供世代が段々と忙しくなってきたんですね。

やれ部活だあ、サッカーの合宿だあ、バレーボールの試合だあ、

練習や試合は祭日・土日に集中しますし、真剣に頑張っていれば休むわけにも行きません。

不真面目でしたけど、僕も運動部にいましたからその辺の雰囲気はよく分かります。

頑張れっと思う反面、寂しくもあり、まあ大人なんて身勝手なもんです。

ともあれ、世に飛び出していく力を蓄える若い孫世代よ。

しっかり成功して叔父さんの面倒もみておくれな。

以上、子育てGスウィングでした♪
5月1日

午前の娘のプレ幼稚園が終わるのを待ち、連休を利用して、僕の実家へと帰省してきました。

今年のゴールデンウィークは高速の渋滞が早いうちから懸念されていましたから、よっぽどの覚悟で出発しましたが、これが案外らくらくスムーズに道は捗りました。

多分、ぽっかり空いた平日でしたから、ETCが安くなるわけではないので、やっぱり日付の変わる夜半からピークだったようですね。

ともあれ、差額500円しか発生しない僕らの旅程では、それはあんまし重要ではありません。

快適にドライブしてこれたその理由はもう一つありまして、今回、圏央道から中央道へ入り、神奈川県の相模湖・宮が瀬湖を突っ切るようにして厚木辺りに入っていく道を妻が選んでくれたんですが、

これが美しい景色の連続で、超快適。

復路でちょっと寄りたいねえ、とか、普段の休日でも、1時間で来れるならまた来たいねえ、なんてテンションを上げながら、(事実帰りには寄りました)

まさにあっという間の低ストレス運転。

おかげで思ったより時間に余裕がありましたので、実家へ着く前に、娘を海に連れてってやることにしました。

初砂浜、初波打ち際、初海水です。

もちろん海水浴まではしませんでしたが、

ちょっと冷たくて、寄せてきたり引いて行ったりする不思議な大きな水たまり。おっかなびっくり、恐々と波に足をつけて、また一つ知識と経験を積み重ねる娘。

足の指の間に入ってくる砂をいちいち取り除こうとする姿は、まさにうちの娘らしい。

「こうやってとるんだよ」って、しゃがませたら、おしりびっしょり。そーゆー事予測できない僕も僕らしい。






090501_145136.jpg
うーん、楽しそう。てゆーか足踏むなや

そしてモロ幼稚園の帰りって感じで旅の風情がない…。



ともあれ、娘の海初体験に満足、満足。

お父さんが万が一痩せ、そしてカナヅチが治ったら、あるいは海水浴もしてみたいもんだ。

なあ、マオや。








090501_145500.jpg
それは架空の未来。

以上、子育てGスウィングでした♪
最近、娘がおもちゃなどを車の中に忘れたりすると、「マオ、お父さんみたいだねえ!」と言って笑います…。笑えません、こんばんはボボ・ブラジルです。

皆さん、連休はいかがお過ごしだったことでしょう。今年はETC1000円で世間は動きましたねえ。良くも悪くも一喜一憂のゴールデンウィークでした。

さて今年のボボ家、お金は無いけど意外にアクティブ、をテーマに、連休中は娘にいろんな事を体験させてやれたような気がします。

今日から数日間はそんな様子をちょっとご披露。

4月29日

連休というわけではなかったんですけど、この日は娘と、夏野菜の苗を植えてみました。

というのも、僕の会社で毎年販売しているこの夏野菜の苗。数が非常に少ないため、毎年早い者順で売り切れてしまう代物なんですが、今年はまさかのキャンセル発生。

そこで、我が家では、なす、きゅうり、トマトの苗を購入してみました。

とはいえ、初めての挑戦ですし、道具も一切ありません。家をぐるりと囲む露出した土では、いかにも痩せきっていて、実りが起こるとは思えません。

そこで、朝からホームセンターへプランターを買いに出かけ、ついでにミニ大根とニラの種も購入して、同じくプランターで育ててみよう、ということになりました。

しかしここで重要なのは土。せっかく自然の苗を手に入れたんですから、化学肥料入りの土を使ったんでは意味がありません。

そこで、仕事で取引のあるお豆腐屋さんが手広く自家菜園を作っておられるので、職権濫用も超濫用しまして、

でっかいプランターをトランクにいくつも積み、あろうことか、娘に土のおねだりまでさせました。

「いや、そんなにたくさん持ってかれたんじゃ…」と、豆腐屋さんもちょっとぼやいてましたが、そこは素人風を装い

(とりあえずもらえるだけもらって、足りない分は別の農家回るか)

などと、腹黒いこと腹黒いこと。我ながら思い出すだけで身の毛がよだつ思いがします。
というのも、普通、一所懸命土作りに励んでいる方ほど、本来であれば、土を分けるというようなことはしないものなんだそうです。

長い歳月をかけて育て上げてきた土には、いわゆるその方のアイデンティティがあり、それが良い土であればあるほど、その思いも強くなるというわけで、なるほど、頷けるものがあります。

そういう意味でも、結局大きなプランターに4つ分もの土を分けてくれた豆腐屋さんは、いくら感謝してもしきれない感がありますね。

「おい、何かこの辺り標高がちっと下がったんじゃねーか」と冷やかされてしまいましたが、有難く頂戴し、お礼の芋焼酎は奮発しようと心に誓いました。

さておき、畑の奥でプランターに土を詰め、(実はボカシや薫炭まで混ぜてくれた)しっかりと混ぜ合わせたまではいいんですが、

このプランター、大きいサイズですから、土を詰めたら


超重てぇ。


一つは手で何とか運びましたが、二つめ以降は右手も左手も「絶対持たねえっ。持ったら落とす」と勝手ばかり言います。

そこで一輪車を借りて一個ずつ運ぶことに。

たった今までチョウチョを追いかけていた娘も、ひとっ飛びでやってきて一輪車の上へ。

ホントはこの様子をカメラで収めたかったんですが、いかんせん右手も左手もへとへとで、「絶対撮らねえっ。撮ったらカメラ落とす」と、ある意味正論ばかり言います。

ともあれ、目一杯の土を入れたプランターを車に積み、栽培上のアドバイスなども聞き洩らさず、僕と娘は一路我が家へ。

それぞれ植えて、娘がたっぷりの水をやります。




090429_1622~0001
きゅうりでしょ、





090429_1621~0002
なすでしょ、




090429_1621~0003
トマト。

近所をお散歩中のおじ様には、

「こりゃ立派な苗だねえ。どこで買ったの?」

とお褒めのお言葉。ムハー、嬉しいもんですなあ。

ちなみに作業に飽きたのか何なのか分かりませんが、娘は

「じゃあお父さんはそっちやってっ。マオはね、こっちのお花にお水あげるからっ」

と家の周りの雑草に水やり…。






090429_1631~0001

マオや、そっちはあんまり育てないでおくれ…。


よーし、収穫できるまで待ってろよ~

以上、子育てGスウィングでした♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。