上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジングルベー♪ ジングルベー♪ 耳が鳴るー♪

耳鼻科行け、ボボ・ブラジルです。

いやあ、今年も来ましたね、クリスマスが。世界中が待ちに待ったクリスマスが。

我が家の娘も同様、楽しみにしていたクリスマス。

今年はどんなクリスマスにしようかしらって、毎年夫婦で相談するわけなんですが、

今年は僕の健康状態が絶不調でして、




風邪(喘息)+結膜炎+中耳炎




もうね、顔中の穴という穴から膿のようなものを排出するわけです。 うへっ、キモっ!

妻も喉と腰をいためており、夫婦そろっておよそ本番に弱すぎる本性を現してしまったわけなんです。

しかし幸か不幸か。23日・24日は2連休となりました。

本来ならこんな最高のスケジュールで休みが取れたのなら、

雪山でも行ってそりすべりデビュークリスマスにしてやるんですけど、

いかんせん僕の体は今ポンコツ。体力的に無理だし、そんな気すら湧き起こりません。

ということで家クリスマスを企画してくれた我が家の要塞じゃなかった良妻。

TVでやってる時短メニューって分かります?あれでどうやらクリスマス料理をやってたらしいんです。

それのレシピをネットで調べてメモしてくれてありました。

要は、そのメニューに、ケーキもプラスして、家族で手作りしちゃおうというわけです。

OH、グッドゥアイディア!

そんなわけで、23日はそのレシピメモを片手に、まずは買い出しに出かけました。しかし赤目で咳ばかりして十分に耳が聞こえない僕が何かの役に立つはずもなく、

ずっと娘を肩車して妻を見失わないよう、スタンドのようにの妻の背後でユラユラしていまいた。しかし本体より弱いスタンドなんで、物語にもなりません。

というわけでスルーっと買い物を済ませると、早々に帰宅し、早速料理開始です。

今日のお題
ケーキ(ホワイト&チョコ)
ローストチキン
パイ包みクリームシチュー
照り焼きチキンピザ
クリスマスサラダ
ふわふわ卵のオムライス
切干大根

最後のは妻の実家の母が持たせてくれた、真心のお惣菜ですが、言葉を換えればそれはつまり保険。

というのも、僕ら夫婦は料理にはあまり精通しておらず、加えて僕の馬鹿舌ですから、手の込んだ料理を作る時はいつも悪戦苦闘なわけです。

一抹の不安を抱えながらも取り掛かる僕ら3人家族。

そしてこれが結果。








DVC00156.jpg


ビジュアル的には大したもんだと思うわけです。

途中、コーヒーフレッシュという単語を知らずに、本物のコーヒーを入れて焼いてしまったオムライスの卵焼きの黒さには度肝を抜かれましたが、(ゴメン、卵さん)

やり直したから、色もふわふわ感も味も問題なし。コーヒーフレッシュってミルクの事なのね。

では、お味の方はいかがでしょう。みんな声をそろえて~「頂きまーす!」

……。
……。
……。














うーん…。




いや、まずい訳じゃないんです。まずいんではないんだけれど…。

例えば、ピザの生地はごはんで作るというかわった代物なんですが、それがね、ちと厚かった…。ペラペランに焼かなきゃいけなかったみたいなんですけど、一切れで後の料理がいらなくなるほど厚かった。

他にも例えばね、パイ包みのシチューは牛乳とか生クリームのかわりに、なんとアイスクリームを入れてるんです。

確かにすぐ出来上がったし、味もまさにクリームシチューでしたから、これは成功だったんです。成功だったんですけどね、何て言うか、こうね、

あの甘―いアイスクリームがお鍋で溶けていく映像はですね、すでにまぶたに焼き付いているわけなんです。ああ、このクリーミーな感じの元はアイスクリームかあ、なんて思うとですね、何て言うか、その、うぷっ。

それに普通に作るより砂糖いっぱい摂取しちゃってないかしら…。

後は、例えばオムライスのデミグラスソースがなぜかその粘性が強かったり、サラダのドレッシングの味が濃くって、その方向が僕ら家族の口に合わない方向だったりと…。

一つ一つは大したこっちゃないんですけどね、なんつーか、プロセスにかかった労力?と、その後にかかった半端ない労力?(洗い物)その合計と料理の結果(味)が等しくないっつーか?

嫁さんとか「来年はもうやんない」とか言ってるし?

まあそんなこんなの23日だった訳です。もうね、疲れて「メリークリスマス」とかそーゆー事でもなかったしね、結局ケーキが一番美味しく出来たのに、とても食えなかったしね。

結局、娘も早々に寝かしつけて、翌朝用にプレゼント仕込んで、あとは妻と協力して年賀状の準備を進めました。その辺りから僕の記憶が薄ぼんやりしているのは「体力の限界!」がきたからだと思います。

あまり抑揚のない翌日クリスマスイブのお話は、そうね、また後日。

以上、子育てGスウィングでした♪
スポンサーサイト
今日の朝、ボボさんが仕事に出かける時、

ボボさんに久々に会ったマオが「行っちゃ嫌だぁ」って駄々をこねました。

でも、行かない訳にはいかないので、ボボさんは玄関へ。

マオが見送りに行くと、

マオ「お父さん、また遊びに来てね」

って、毎度の挨拶。

だからマオ、お父さんの家は ここだよ。

そして、ボボさんが玄関から出ると、慌てて靴を履きだした娘。

ママ「あぁ、有難う。鍵締めてくれるの?」

って言ってる間に、ドアが開き 外に出て行った娘。

マオ 「おとうさぁん、またすぐ遊びに来てねぇ」

マオ 「おとうさぁん、マオ まってるからねぇ」

マオ 「仕事、お休みの時に来てねぇ」


って、マオ・・・そんな大声で言ったら、ご近所さんから別居中の夫婦だと思われちゃうよ。

もう分ったから戻っておいでぇ、マオ。

そして暫くして、玄関ドアが開いたので

ママ「お帰りぃ・・・ん?」


そこには、大泣きのマオがボボさんに抱っこ状態。

ママ「あれ?マオ 追いかけてって転んだ?」



どうやら転んだのではなく、ボボさんと離れるのが嫌で

泣きながら追いかけていったらしく

困ったボボさんが、連れて帰ってきた様子。



その後、抱っこを代わり、ボボさんを見送ったのですが

私にもベッタリで、言うまでもなく幼稚園でも

教室の前で離れるのが嫌だぁって駄々っ子。





ボボさんの次のお休みが待ち遠しいねぇ、マオ。

以上、子育てGスウィングでした♪
行ってきました、2日連続でひみつの森。


幼稚園のお友達、2歳の男の子(そうちゃん)。

マオより1つ学年は下になるけど未就園児クラスなので同じクラス。

でも、幼稚園以外で遊ぶのは初めてだったので、少し気恥ずかしいらしく

マオは1歩ひきぎみ。← これは相変わらずの人見知りモード。

暫く様子をうかがっていたら、

そうちゃんにとって高くて登れない所をマオがお尻を押してあげていて、

ちゃんと面倒みれるんじゃんって感心、感心。

そうこうしてるうちに、あっという間に時間が経ち、お昼時間に。

お昼も、マオは1人でちゃんと食べ、

やっぱり年下がいるとお姉ちゃっぷりを発揮したいんだなぁなんて感じつつ、

そのノリで、13時からの「アドベンチャーツアー」に参加し、

2人仲良く遊べている様子。

そして2時前に、もう1人の友達、2歳の男の子(まさと君)が到着。

3人で、好き勝手に遊び出したところに、店員さんが。

どうやら皆と遊んでくれるらしい。

キャッキャ、キャッキャ言って、楽しそうに遊ぶ子供達。

親は、お茶を啜りながら保険の話や、幼稚園の話。


子供達が今度は、店員さんとぬりえを始めたり、紙芝居を読んでもらったり、

追いかけっこしてたり、水遊びしてたり、ボールプールや滑り台と

まぁ、何しろ楽しそうに過ごしていて、親としても嬉しい限りだわっ。

そして気が付いたら、16時からの「アドベンチャーツアー」が始まる様子。

慌てて3人で参加すると、今度はクリスマスバージョンらしく、

キャラクターとの写真も

クリスマスアドツアー



こんな感じ。洋服を貸してくれてコスプレ。

良い経験出来たね、マオ。

とっても可愛かったよぉ。



あっという間に17時。

皆で帰宅支度。

17時~18時まで、男の子2人は託児所に預けられ、

ママさん達は夕飯の買い物。

マオは、夕飯を準備してきたので、そのまま皆とバイバイして岐路へ。

家に帰ってすぐに夕飯を食べて、お風呂に入って、19時半にはお布団へ直行。

今日は、1日中遊んでたから疲れたでしょ?

ゆっくり休んでねぇ。

あぁ、私もまたまた腰痛。















ギャァ~。

夜泣きが・・・。


いっぱい走り回ったから、成長痛か・・・。



たぁくさん 寝てなぁ、マオ。


以上、子育てGスウィングでした♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。