上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何だか最近毎晩ガラナ飲んでる。大丈夫か、僕の血糖値、こんばんは、ボボ・ブラジルです。



妻のおじいちゃんから、お菓子を頂いたんだそうです。

便宜上、超具体的に表記しますが、

さくらんぼのゼリー×1

小倉水ようかん×1

抹茶水ようかん×1


三人家族ですから、お菓子も三人分です。

で、その配分なんですが、娘は餡子系は好きではないので、必然的にゼリーです。

僕は雑食ですけど、割と抹茶系が好きなので、抹茶水ようかんです。

問題は妻。

例えば僕が「おまんじゅう貰ったよ~」とお土産を持って帰ると、

開口一番「こしあん?」と尋ねる程の生粋のこしあん派です。

残念ながら水ようかんは小倉。豆粒在中です。

とはいえ大人ですから食べられない訳ではないですから、小倉水ようかんを食べてました。

「うわー高級なお菓子だなこりゃ」というのが僕の感想だったんですが、

娘が食べているゼリーも同じでして、ちょっと味見したんですけど、正直今までに食べたことないような美味しさでビックリしました。

そこでもう一度問題なのがやはり妻。

こしあんの3乗倍くらい愛してやまないのが、サクランボなのです。



ママ「ねえちょっと味見させて~」

マオ「うん、いいよ」

ママ「美味しい!」

マオ「ねえ、美味しいねえ」

ママ「ねえ、もうちょっとちょうだい」

マオ「もう、ちょっと食べ過ぎ!!」

ママ「ちぇっ。ああ、美味しいゼリーだなあ」
  (あきらめて席を立つ妻)

ママ「ああ、私もゼリーがよかったなあ」
   「おじいちゃん、どこで買ったのかなあ」
   「ちょっと食べたことない味だったなあ」
   「なんか忘れられない味だなあ」


マオ「……」
   「もう、いらない……」



















ボボ「ええ!?」(驚き)
ママ「ええ!?」(歓喜)




なんてゆーかね、娘がもうそこまで気がまわるとは…。

マオ「なんか甘すぎちゃって、マオには多いいよ」

なんて相手に気を使わせないフォローまで(まあ多分、本音)


何かね、我が家の幸せな光景の縮図を見た気がしましたね。

いやあ、いかなる小事にも物語はあるもんです。教訓は無いけどね。


あの、おじいちゃん、ゼリーももちろん水ようかんも、とっても美味しかったです。

以上、子育てGスウィングでした♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://maooon.blog59.fc2.com/tb.php/224-f1919ff3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。