上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.17 俗・お盆
えへへ、ずいぶんさぼっちゃった。

引き続き、お盆の連休編でございます。

前回の記事の通り、静岡県は裾野市にある「ぐりんぱ」という遊園地へ行くことにしたわけです。

もうあんま覚えてないけど。えへへ。

ただ裾野ですからね、埼玉から行ったんでは午後着になってしまい、大して遊べません。(18時閉門。早いよね)

ので、急でしたけど、熱海の実家に泊まれないか急遽交渉。聞いたらラリアット姉(姉いっぱい居るからややこしい。以後ラリ姉)も子供連れて戻ってるから泊まる部屋がないってことでしたけど、そこは交渉です。

迷惑を気にしてやきもきする妻を差し置いて、何とか交渉成立。実家の布団を確保しました。

ということで、一路熱海へ向うわけなんですが、その前に池袋サンシャインに寄り道。

というのも、夏休みの期間、アニメ「プリキュア」のイベントみたいのをやってるらしくですね、妻に聞いたらもう前売り券買ってあるっていうんです。

娘も4歳ともなると、身につけるものみんなプリキュア、日曜の朝は例え僕が休みでもTVの前に釘付けですよ。

そんなわけで、サンシャインのイベント会場に行った訳ですが、いやー、すんごい人でしたね。

正直、内容はそんな充実してるようには思えなかったんですが、しかしすごい人でした。

もっと驚いたのは、娘と同じような年頃から小学生くらいの子が大半なんですが、中には中高生くらいに見える女の子も来場してましたね。

妹の付き添いとかかと思ったけど、めっちゃ踊ってたからあれもきっとファンなんでしょう。

ちなみに中高生ならず中年層の男性もすごい勢いで写真撮影しておられましたが、まあこれもイベント会場にはつき物ということでしょう。

さて、きぐるみのプリキュアが一通りステージで踊るのを見たら、既に手持ち無沙汰。

で、結局、記念撮影コーナーで衣装を着せることにしました。










PA0_0216.jpg
もっと笑って~






PA0_0212.jpg
あれ?













PA0_0213.jpg
小学生まで着るからね・・・。





さて、あとはお土産に一つくらいおもちゃでも買ってやろうかって、売り場に行ったんですが、娘のリクエストは


「ガチャガチャでいい」






・・・・・・。






僕の財布のぞいた?


ともあれ、プリキュアのイベントなのかオモチャ見本市か、何しろ超商業的なイベント会場を後にして、僕らは一路熱海へ。

姉が来てるということは、実家に居る孫衆は高校生を入れれば8人。どんな化学反応が起きるか今から楽しみですね。

閑話休題。途中、昼食によったファミレスで「本名書くとバレるから」とか声を潜めるサングラスの女の子が居たので、「こりゃ芸能人か!?池袋だし」と期待したんですが、サングラスを取った顔は「誰?」って顔で、サングラスとは裏腹に自らをアピールするかのように大声で友達としゃべる姿には、むしろこっちがもらい泣きしそうになりましたが、これもまた旅の一興。

はてさて、熱海の方はハイシーズンですから、渋滞は覚悟して行ったんですけど、不思議と道はスイスイ。

どーもテレビで予測してたピークは一日ずれたみたいですね。おかげでとても快適でした。

ということで、実家に到着。

一番乗りで駐車場まで迎えに来てくれたのは、ラリ姉んとこの一番下のシュンケイ君。
顔写真とんの忘れた。








PA0_0211.jpg

娘の手をとって家へと案内してくれましたよ。いいねえ、じぇんとる麺(←湘爆)だねえ。



syobaku_chara06.jpg




ラリ姉家に会うのは何か久しぶりだったんですけど、一番上のミズキがね、昔のラリ姉そっくりになってきました。背筋が寒くなるくらい(そーとーいじめられたからね)そっくりでビックリしましたね。

ラリ姉はそのミズキの事を「最近、喧嘩上等で困る」と言ってましたが、「そりゃアンタだろっ!」という当時の僕の心の叫びはともかく、でもミズキはその分よく笑う子ですから、場を明るくする子だなあと思いました。

むしろ一緒に居た上の姉(以後ガチャ姉)んとこの娘のマイが色気づいて眉毛剃ってる事のほうが気になりましたね。ギャルサーってやっぱり暴走族の類なのかしら。

ともあれ、歴史は繰り返されるのかと思うと弟群のショウマ・シュンケイ・ユウキが不憫でなりませんね。強くなれよ。あるいは慣れちゃえよ。

ともあれ、その後は大人・子供いり乱れて、みんなで夕飯の餃子作り。何かウチの嫁さんが一番楽しんでるようにも見えましたね。手つきが慣れてきた。

そうして夕飯を食べ、娘が「熱い」からと、その餃子に一切手をつけていない事も気になりましたが、この大人数では構ってられません(僕の分の確保に忙しい)。

その後のお風呂は、みんなの姉貴分、マイが子供全員を入れてくれました。小さい子供は順番に出てきましたけれど、マイだけは1時間以上風呂に居て、出てきたらフラフラだし、顔は生気がないし、眉毛もないしで、ちょっと可哀相なことしましたね。

お疲れさん~

さて、思いの他、素直に寝ると言い出した娘を、妻が布団へ連れて行ったんですが、寝るまで「ショウマ君とシュンケイ君」の話でテンション高かったそうです。

こりゃ大分遊んでもらったかな?

そうして順次子供は床につきましたが、その後始まったのはパート帰りの真ん中の兄の嫁・バンチョウ姉(以後バン姉)を中心としたお疲れさん会。そこにウチの嫁さんも加わり、何か見てるだけで背筋が寒くなるような女性群の集いが始まりました。

しかも夜中の2時くらいまで。

ちなみにラリ姉は昼間からしゃべりっぱなしでしたからね、夜にはもう声が枯れてました。アンタどんだけしゃべるんだ。

ともあれ、妻には姉がいませんから、あるいはそんな集いは楽しかったんじゃないかと思います。



でもちょっと強烈じゃない?



しかも今回はいらっしゃらなかったですけど、長兄の奥さんもこれまた大変な姉でして、この三人の姉が束になってかかっても適わないような菩薩様のような姉(以後ボサ姉)ですから、いやはや、改めて考えると身が引き締まる思いがしますね。

そんな様子をみて、ふと思いついたんですけどね、それなら姉家族をウチに呼んでもいいんじゃないかなと。それでラリ姉に言ってみたんですけど、



「面倒くさ」


とバッサリ。

あー、そーいえばそーゆー姉だった。

ともあれ、これが12日の顛末。

次回、に続く~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://maooon.blog59.fc2.com/tb.php/227-b4949502
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。