上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.06 お盆 KAN
お盆休み最終話(もう9月だけど)裾野のグリンパへ行ってきました。

山ん中にある遊園地ですからね、ハイシーズンとはいえ、ディズニーランドとか程は混んでないだろうと高をくくって行ったんですが、いやあ、すんごい人だった。

入場券買うだけであんなに並ぶとは思わなかったですね。

さておき、完全な曇天で始終雨が心配な中、遊園地とシルバニアワールドが融合された園内へと突入です。

娘がシルバニアに興味があるってあんまし知らなかったんですが、妻の実家にあったシルバニアハウスが、ひとつのこっており、母から子へとおもちゃが伝承されたんだそうです。

ということで記念撮影。
P8130092.jpg









園内には、中に入れるシルバニアハウスがあり、まさにおもちゃの国の世界。



ということで記念撮影。









P8130108.jpg
なんでトイレ?

遊園地ですから、いろんな乗り物があるわけですが、まだ若干身長や年齢が足りず、全ての乗り物にのれるわけではありません。

ちなみにそんな中、娘が一番はまったのが草滑り。








P8130135.jpg
といっても、ホントに草の上では摩擦があってあんまし滑らないので、銀色のシートが一本引かれてあり、その上を滑るわけです。

必然的に順番に慣らんで一人ずつ滑るので、数回滑ってるうちに、何かただの滑り台の順番待ってるような錯覚に陥りましたね。まあ大差ないね。


はてさて、今回ここへきた一番の目的は、実は遊具でもシルバニアでもありません。ここまで紹介したけども。

「ピカソのタマゴ」というアスレチックブースが園内に新しく出来てまして、それが本当の目的です。


しかし。


2時間待ちの長蛇の列。

こりゃキツイってことで、泣く泣く諦めました。

そのため、遊園地にいるのに、なんだか手持無沙汰で園内をうろうろしておりました。

しかも雨までパラパラと降り出す始末。こりゃもう帰ろうかなあと弱気になったんですが、それはみんな同じですよね。

そう、そのパラパラ雨をきっかけに園内がぐっと空いたんですよ。しかもやんだり振ったりだから、服が濡れるほどじゃありません。

もしやと思い、ピカソのタマゴブースへ行くと、しめしめ、列がさっきの三分の一くらいになってます。

今がチャンスとばかり、並び、20分弱待って入ることが出来ました。

いやあ、面白かったですよ。

ちょっと人が多いから、4歳の娘が自分のペースでモタモタとアスレチックをこなすわけにはいきませんが、まあこれも集団生活の一部みたいなもの。

僕らもそうですが、よその大人も体はってアスレチックに挑戦していました。

何より良かったのが、ちょうどうちの娘には大方のアスレチックがギリギリ出来るがか出来ないくらいの難易度だったので、最初から投げ出してもしまわないし、逆に全力で挑戦しないと、クリアすることもできません。

何かね、子供の一生懸命な姿が新鮮でした。

普段なら、結構すぐ諦めちゃうんですけど、本人ももうちょっと頑張ればこれに登れそう、っていう手ごたえがあるのか、汗だくで頑張ってました。

このピカソのタマゴはどっか他の遊園地にもあるんだとか。同じような年頃のお子さんがいらっしゃる家庭には、ぜひお勧めです。行ってみて下さい。

ただ、筋肉痛にはご用心。


僕の場合、三日後ボロボロでした…。

はてさて、この遊園地、6時閉門ですから、早くも帰らなきゃならない時間。

6時って早いなあと、思っていたんですが、時間になってみたらなるほど、納得。

山の霧が降りてきて、完全ホワイトアウト。










P8130186.jpg
最後に撮ろうと思ってた記念撮影は、ある意味記念になりました。

ただ恐ろしかったのは帰り道。道路が何にも見えないんですよ。「こんな霧の中、道の真ん中歩いて危ないなあ」と思ったら、僕が歩道に乗り上げそうになってました。

車に乗った娘は、夕飯前で腹ペコだったにもかかわらず、数分で撃沈。

遊びまくって子供が寝ちゃう時って、何か家族サービスしたなあ、気になりますよね。この瞬間は結構好きなんです。

だから「早く寝ろ」ってよく念じます。

さて今度はここから埼玉県北部の我が家へと車を走らせたわけで、いやはや、お疲れさまでした。

と、まあこんな感じの連休でしたね。

皆さまの連休が素晴らしいお休みでありましたように。

以上、子育てGスウィングでした♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://maooon.blog59.fc2.com/tb.php/228-d50b1e94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。